FC2ブログ

R32スカイライン 窓枠+内貼補修です♪|変わった品揃えの中古車店|大阪府 高槻市 ニコニコオート

 本日は少し気温も下がり、直射日光も雲が遮り丁度作業向きの日でした。
ここ数日の天候であれば多分大やけどしていたと思います。

20180808HNR32_001.jpg

まだ軽傷状態です。普通この年式なら既にカチコチのプラスチックの様な状態で
ひん曲がって浮いています。この車両は大変状態が良かったですがこの夏の暑さ、
やっぱり車も悲鳴を上げています。しかしまだ十二分にゴムのままなので補修可能です。

20180808HNR32_002.jpg

まず1段階目は「瞬間接着剤」で貼り合わせ、接着できるまで「手」で固定します。
夏場の作業は辛いですが、逆に夏の暑い時期だからこそゴムが柔らかく作業が樂です。
私の場合「セメダインPPX」と言うプライマーを用いるタイプを利用しています。
ポリプロピレンやABS等にも利用できる為、隠れた部分の材質をあまり気にせず使用
できる為です。この接着剤はD.I.Yにも役立つと思います。

20180808HNR32_003.jpg

次はボディ側のゴムと窓枠のちょっとした隙間を埋める為の用意です。マスキングテープ
で隙間だけ空間にして準備します。

20180808HNR32_004.jpg

隙間に「ゴム系の接着剤」を充填します。クロロプレーン系ゴム接着剤なら何でもOKです。
隙間に接着剤が行き渡り、窓枠が反り返らないように「接着」してあげます。この作業を
飛ばして次の作業で済ませると短期間で再発するので重要です。

20180808HNR32_005.jpg

ヘラ等で擦りつけるように隙間に馴染ませます。乾燥すると「痩せ」る為2回程度同様の
作業を行います。画像は1回目充填の接着剤を乾燥させたもの、少し痩せているのが
お分かり頂けると思います。

20180808HNR32_006.jpg

2番目の工程の「接着剤」が乾燥してから、その上に「ゴムシーラー」を塗布します。
これは「ホルツ」や「ソフト99」で市販されているブラックシーラー、窓枠やゴム部の補修
に使えますよ、と言うチューブ状の物です。当店ではホルツを使用しています。

この最後の工程は隙間に埋めた接着剤の上に塗布し、「平面に成型」する為です。
このシーラーが乾燥すると隙間に綺麗に平面にシーラーが乗り、見栄えが良くなります。

これで補修は完了、また補修できるレベルでしたので良かったですがこのまま放置し
冬が来ればもう手遅れ、早めなら交換しなくても問題なく処置できます。

お次はR32であればこちらも定番の補修箇所、ドア内貼布の補修です。

20180808HNR32_007.jpg

かろうじて「被さっている」状態で手でペロリン、とめくれます。
これはスプレーノリを塗布し、少し乾燥させ、手で圧着し、端をヘラで入れ込んで
全体を完成させます。さほど難しくありませんが、コツとしては布の四隅が奥に入り
込んでいる形状なので「端の部分にきちんとノリを塗布し、貼付する」事位です。
当店ではボンドすぷれーのり、3Mスプレーノリのいずれかを使用しています。

20180808HNR32_008.jpg

ハイ!出来上がり。左右綺麗に貼り直しを行いました。

上記2つとも特別「難しい作業」では有りませんが、なるべく「暖かい時期」に補修
してあげる方が仕上がりが綺麗、そして何より作業自体上手く行きます。但し、
熱い状態で長時間根気の必要な作業なのでご自身で作業される方はくれぐれも
熱中症にお気を付け下さい。馴れている私でこの2つの作業で合計2時間程度は
掛かります。

今日の朝~昼過ぎはこの作業に「没頭」しておりました。

ニコニコオート
店長
30/08/09
いやあボディが熱いのなんの。。ゴム&ボディで指の皮が溶けるかと思いましたが、
予想した通り綺麗に装着できて何よりでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニコニコオート店長ご紹介

オーナー

Author:オーナー
ニコニコオートの店長です。
のどかな自然に囲まれた地域で、夏は直射日光、冬は暴風に見舞われながら日々楽しく中古車販売と海外への輸出を行っております。今年48歳です。お客様皆様に「楽天的」と言われております。こちらもご覧ください。
ニコニコオートのウエブ

在庫車速報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR