fc2ブログ

~やっぱり色んな所の造りが特別ですね-UCF20 セルシオ 久し振りに私がカバーを外しました♪~|変わった品揃えの中古車店|大阪府 高槻市 ニコニコオート


 これは、アンダーカバーと呼ばれる、エンジンルーム直下に装着されている
「板」です。主に走行中の空気の流れを整え抵抗を低減したり、音を抑えたり。
日本車では確か10系セルシオが初めて本格的なモノを装備し始めました。
これは20系のアンダーカバーです。

20230623UCF20_001.jpg

内側に貼られている不織布でスポンジを包んだような物体は「騒音減少」の
為なのか。興味深いですが、こういうモノが貼られているカバーは滅多に
有りません。さすがセルシオ、と言った所です。

こちらのセルシオは少し車高が低い為リフト無しで外すのは少し骨が折れ
ますが、さすがはトヨタ車、メンテナンスの事をきちんと考え設計されており
外すのも装着するのもとても容易です。余談ですがホンダ車の多くは下廻り
のカバーはだいたい「樹脂製ピン」で付けられているので古くなってから外す
と「ピンが割れ」てしまいます。トヨタ車はきちんと「ネジ」を使っている車が
多いので脱着がとても楽な上に取付も確実です。こういった所にメーカーの
様々な特徴が出ますが、これから先はどこのメーカーも同じ様な造りになる
んだなあ、なんて勝手に想像しております。

20230623UCF20_002.jpg

今回は車検でお預かりの際に「純正」装着致しました。
少し汚れが多かったようなので交換前にエンジンオイルのみで
フラッシュ作業を行いましたのでとても綺麗な状態に戻りました。

最近はバッテリーは勿論、ワイパーラバー他、自動車に使用している
製品が心なしか、品質が若干落ちてきている気がしています。確信では
有りませんがワイパーラバー等は安い価格の製品程その影響が大きい
と思います。実際に使用できる期間も目に見えて少なくなっています。

昭和~平成のバブル時代の自動車に触れてきた私にとっては今は
車好きには一見自由度が増えて良くなったような気もしますが、ホンモノ
がどんどんなくなっている寂しい時代に感じます。

自分の眼で見て確かめた事が最も正しいと感じる私は最近以前自分
では行わずに工場にお任せしていた事も時折「確認の意味」も込めて
行うようにしております。

私自身もう50代ですのでこれからも自分と同世代の車達に囲まれて
仕事が出来る環境を続けていければと願います。

ニコニコオート
店長
05/06/24
関連記事
スポンサーサイト



ニコニコオート店長ご紹介

オーナー

Author:オーナー
ニコニコオートの店長です。
のどかな自然に囲まれた地域で、夏は直射日光、冬は暴風に見舞われながら日々楽しく中古車販売と海外への輸出を行っております。今年52歳です。お客様皆様に「楽天的」と言われております。こちらもご覧ください。
ニコニコオートのウエブ

在庫車速報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR