FC2ブログ

2020/10新着在庫♪ H4 メルセデス・ベンツ 190E 2.6 禁煙車 新車時~R2迄全記録簿付属 価格|変わった品揃えの中古車店|大阪府高槻市 ニコニコオート

20201012W201029_001.jpg

平成4年式 メルセデス・ベンツ 190 2.6
禁煙・ヤナセディーラ車両・新車時~令和2年1月迄の全記録簿付
走行138,000キロ  改造暦は無くフルオリジナル状態のお車です。

特徴
「メルセデスの哲学」が製品に表現されている時代のモデルです。
この世代のメルセデスの特徴はクラスに関わらず「造り」がほぼ同じであり、
小さいベンツだから大きいベンツとは違う部分を感じない真面目一辺倒に
設計・製造されていた時代のモデルです。日本では当時「小ベンツ」と言う表現
も有りましたが、サイズが「小」であっても中身は「小」では無く「大」の
モデルと変わらないのがこの世代のモデルの特徴です。

昭和終わり~平成の新車販売時には560万円以上する車でありながら、運転席側
ドアミラーの鏡調整は「室内レバーで動かすタイプ」(これはSクラスもミディアム
クラスも全て共通です)、助手席側は電動。しかし鏡は当時国産車では見た事も
無い薄いブルーの「防眩ミラー」。日本人の常識とは大きく異なり、お金の掛かって
いる部分は「これでもか!」と言う程お金が掛けられ、メルセデスに「それは必要ない」
と判断された箇所は「ええ、こんなに。。」と感じるほどそっけないものであったり
。まさにメーカーが考える「価値観」を買う人に押し付ける素晴らしい実用的なクルマ
だと私は感じております。

言い出すとキリが有りませんが。。凸凹レンズのテールレンズ。雨や雪で走行した際
にも視認性を保つ為に窪んだ所は「汚れが付着しないように作られて」いたり、又、
ルーフサイドの設計によって雨は全て後ろに飛ばされ雨の日の横・後ガラスの視認性を
保つ為等々、聞いていると少し頭が痛くなる程の理詰め且つそれを実際に妥協無く製品
造りに反映していた当時のメルセデスと言うメーカーはある意味素晴らしいと感じます。

あれからおおよそ30年経ち、今やそういう哲学を「本気」で製品に反映「できる」メーカ
も殆ど無くなり、かのメルセデスですら我々一般大衆の「声」に耳を傾けてくれるように
なりました。

このW201は消費者である我々の声を聴いて製品化される今の時代とは真逆の発想で
造られた「頑固さ」を思う存分味わう事が出来る車であると個人的に強く感じます。

そして今この平成が終わりを迎える現代にこのクルマに乗ると、私個人の想いですが、
「やっぱり重さが違いますなあ。色々な重さが。アクセルの重さ。ステアリングの重さ。
そして運転している感じの重さ。車を運転するという事はこういう事なのかなあ」と
妙に「解ったフリ」をしてしまう程現在の新車とは何もかもが違う感覚に身体が若い頃の
自分になったような気がしてしまいます。

電装系・その他全ての面で現代のクルマと比較するとほぼ比較にならないと感じます。
しかし「便利だから」とか、「乗りやすいから」とか、「扱いやすいから」とかは飽きが
来たり何か物足りなさを感じるものだと私は感じます。

このクルマは飛ばしたり、運転が面白いとか、ファンだとか、そういう物はほぼ無く、
運転する人に危険をいちはやく知らせたり、疲れずにより安全に、その上でできるだけ
快適に長く乗れるような基本の部分をしっかり持っているクルマだと再認識致しました。

余談ですが、シートの造り、これはもう国産車は勿論、今のメルセデスでもこのシート
には敵いませんね。私個人はこの世代の欧州車はメルセデスに限らずBMWも大好きです。
少し癖が有りますが身体を深く沈め、包み込んでくれるようなこのシート。耐久性抜群の
布シートも良し、暖かくなると革が体に馴染むこちらも耐久性抜群の革シートも良しです。

BMWとの大きな違いだったオートマ、今やただの古い4速ATですが乗れば良さが解ります。
日本の道路事情にもマッチする変速、加速、低速でも高速でもスムーズで良いオートマです。

ああ、語りだすと結局の所私自身、こういう時代の車に育ち「好きなんだなあ」と改めて
認識させてくれる「クルマらしいクルマ」だと感じます。


気になる点
凹みについては目立つものは殆ど有りません。しかし塗装は劣化が感じられます。画像で
見る車両はピカピカに輝いて問題ないように見えますが、この当時のメルセデスの特徴で
あるクリア層に細かい線傷が生じたような状態がボディ上面、日光が当たる部分に生じて
おります。これがこの車の価格を「お安くさせて頂いている理由」です。一般的に言う
目立つ傷・凹みは殆どありません。

20201012W201029_006.jpg

ご覧の通り画像で見て頂いても、近くで見て頂いてもあまり解りません。近くで身体を
斜めにしたりして眺めて「ああ、この部分がそうなのか~」と解るような感じです。
この年代のメルセデス(Cクラス前期等も含めですが)の特徴と言えば特徴だと感じます。

セールスポイント

@現代の車両ではこの走行距離を経てこんな良い状態を保っていられるクルマは1台も無い
 と言い切れるほど室内のシート、マットの状態が良い点です。材質にお金が掛かって
 いる事と、手入れをされていた事に他ならないと感じます。

20201012W201029_003.jpg

乗られていた方の体形にも拠りますが、実際に13.7万キロ/28年使用しての運転席シート
の状態がこちらです。今世界中で販売されている車両でこんな豪華で立派な造りのシート
を採用している車両はもう無いと思います。座り心地も見た目通りしっかりしており素晴ら
しいの一言に尽きると感じます。生地の色やセンスについては。。。。正直カッコいいとは
言えないのが私の個人的な所感です。それがイイところと仰られる方もおられますが、
一般敵に言って「若さもセンスも感じられないオッサンの乗るクルマ」と感じるデザインです。

@ヤナセディーラにおける新車時~直近の令和2年分までの法定12ヶ月・24ヶ月点検整備
記録簿、合計22枚が取扱説明書・メーカー発行の車両仕様書(英語)等全て付属致します。

20201012W201029_008.jpg

平成7年(新車から1回目の車検)~平成19年までは1人目のオーナーであったと
記録簿をみる限り感じます。現在は個人情報の関連で氏名等は解らない為あくまで
予測です。走行距離もこの年次で約3万キロ程度、殆ど週末しか乗らない車だったと
思われます。19年を境に1年に1万キロ以上走行されるようになり、記録簿記載の交換
部品記載もどんどん増え、以降車検時に加え年次点検→法定12か月点検は令和2年
まで欠かさず行われています。距離を乗るようになってからは欠かさず点検を怠って
いなかった様子です。ブレーキパッドは勿論ロータ類もヤナセ指定スケジュール通り
頻繁に交換されています。一般的に言う「部品や整備代を節約した車検や整備」では
無く、あくまで規定に沿った整備をこの28年間現役で走る為に続けられてきたクルマ
です。日常の整備、車検整備含め既にもう1台この190が買える金額以上の整備費用
が費やされてきた車両である事は全ての記録簿を見た時点でお分かりになると思い
ます。1台のクルマにおいてそこまで費用を掛けて乗る、今の日本においては非常に
珍しい事だと実感致しました。この車のオーナーだった方に敬意を表します。

@BT・タイヤ・他ざっと見渡してもきちんとディーラ整備されております。
 今やネットの時代、少しググるとベンツに適合する「安いバッテリー」は
 幾らでも入手出来ます。その上で価格の高いヤナセで純正バッテリー
 を装着し、整備に出す事は「安心」と引換の整備がされてきたお車です。

20201012W201029_004.jpg

パッと見は古い車のエンジンルームですがお好きな方が見られれば一目で
ヤナセの年式・距離に随い整備を行う部分が純正新品部品で交換され続けて
きたことが分る素晴らしい状態だと私自身は感じます。ぱっと見える部分で
オルタネータ類・バキュームパイプ・冷却水タンク・ウォッシャータンク・
ヒータコントロールバルブ類・プラグコード・ディストリビュータキャップ類など
目新しいパーツ類が装着されています。

@純正の「洗い難い」アルミホイールは状態良く綺麗です。

20201012W201029_005.jpg

ブレーキパッドの焼付きもほぼ無く綺麗な状態を維持しています。

@室内は禁煙車で有り、状態が良く綺麗です。

20201012W201029_002.jpg

丁度この年式からステアリングの握りが太いタイプに変わりました。
私がずっと昔乗っていた平成3年式は当時の握りが細く大径のメルセデス
特有のステアリング、個人的にはそちらが好みですがこちらはエアバッグが
ほぼ定番となりだした当初のタイプです。握り部分は「ウレタン」タイプです。
フロアマットは当時のヤナセ純正マットの上にもう1枚純正マットが敷かれて
使用されていましたので画像のマットはほぼ新品に近い状態です。

~店長のコメント~
本日約30キロ程度市街地・高速道を試乗致しました。
車両の状態は至って普通、不調・不良個所も見当たらず良い状態です。
オートマチック変速状態・シフトショック・ステアリング異音有無や
ふらつき感・他はるか数十年前に乗っていた記憶を辿り比較致しました
が異常は感じられず良い状態であると言えます。
オーディオ(ラジオのみですが)・パワーウインド・エアコン等の主要
電装系も不調なく可動しております。

20201012W201029_007.jpg

この年式の車両なので、現代の新型車両と比較するすべもありませんが、
基本的には機関、外装、内装に大きな問題点は無く、現状で直ぐに乗れる状態です。
詳細は店舗でお車ご覧下さい。

尚、当店の整備やサービス、室内や外装の拘り作業など是非当店ホームページも併せて
ご参照下さい。(ニコニコオートホームページ)

こちらのお車もご購入後のアフターケアも含めてのお付き合いが出来れば
と心より願っております。

尚、大変恐縮ですがこちらの車両は、業者販売、現状販売はお受けできません。
また車両の値引きもお断りしております。気に入って頂ける方に御買上頂ければ幸いです。

車両販売価格は
車台価格¥500,000-(税込)、リサイクル券費用、諸費用別途必要となります。。

また現代の車輌と違いあくまで28年を経過した「中古車」で有り、細かい部分を多く気にされる
方は「乗ってはいけない類」のモデルです。そういった方は是非古いメルセデス専門店で整備や
リストアに近いサービスの「費用」を含めた車両をご検討下さる様お願い申し上げます。

直近の整備記録は令和2年1月/134,000KM時、現在そこから3千キロ程度の走行であり、
機関を点検しても早急に部品を交換する部分はほぼ見当たりません(定期消耗交換部品以外)
納車前整備においては当店の提携する欧州車専門の認証工場において油脂類、フィルター類
等の交換を行い、点検記録簿+定期点検ステッカーを発行してのお渡しとなります。

ご参考までに当店の掲載在庫はこちら
ニコニコオート|カーセンサー在庫一覧
カーセンサにて、整備や保証プランを御客様に合計3通りお選び頂ける「総額表示」
にて掲載しております。お時間ございましたらカーセンサーをご覧ください。
尚カーセンサーの直通フリーダイアル(通話料無料です)は
0066-9711-020045です♪

店舗は
大阪府高槻市唐崎北3-29-2
でんわ 072-677-7630
営業 店舗は第1・第3・第5日曜日がお休み・朝10時00分~夕5時00分まで
(お電話やメールの事前連絡の無い場合の最終受付は夕方3時30分迄です)
担当:店長
お越しになる前にご一報下さいませ♪
(尚公道試乗は行っておりませんので事前に了承の上ご来店下さい)
2020/10/15掲載開始
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ニコニコオート店長ご紹介

オーナー

Author:オーナー
ニコニコオートの店長です。
のどかな自然に囲まれた地域で、夏は直射日光、冬は暴風に見舞われながら日々楽しく中古車販売と海外への輸出を行っております。今年52歳です。お客様皆様に「楽天的」と言われております。こちらもご覧ください。
ニコニコオートのウエブ

在庫車速報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR