FC2ブログ

~2019年(たぶん)最後の新着在庫 H4 三菱 ディアマンテ 25V~|変わった品揃えの中古車店|大阪府 高槻市 ニコニコオート


 12月に入ってから程度の良い(古い年式ばかりの)セダンが続けて入庫し、
少し嬉しく感じていました最中、本年、たぶん、最後に到着の在庫車は今や
もう殆ど街で見る事は無くなりました。初代 三菱 ディアマンテがやってきます。

20191226gazoocom_mitsubishi_diamante25V.jpg
(画像は初代の初期モデル、当店に来る車両はアルミがスポーティなデザイン
に変更になったものです)

販売当時、丁度米国におりましたが、1991年にラスベガスのディーラで販売
されているのを見た際US仕様特有のロングバンパーはこのクルマには少し
似合っていないなあと感じたのを思い出します。

丁度3ナンバーの自動車税改正時期にドンピシャリで販売された為初代モデル
は町中にあふれ、私が少年時代に毎日フォルクスワーゲンビートルを何台も
見たような現象に似ているなあと帰国後良く感じました。

あれだけ沢山町中を走っていたのに。今やもう見る事すら無い。これはもう必然
と言いますか。スカイラインやスープラのように世界中で「スポーツ」として認知
され、コアなファンを獲得するモデルとは違いあくまで「普通のクルマ」だったから
だと思います。

この前周りのデザイン、昭和63年(だったかな。。)に4WD+ツインターボ搭載し
華々しくデビューしたギャランと同様、先祖帰りと言われたデザインです(GTOですね)
まるでBMWの真似と揶揄されましたが昭和40年代に売れたギャランGTOのリバイバル。
私は個人的に2代目ディアマンテの普通のデザインよりこちらが好みです。

当時3ナンバの自動車税が改正で安くなった時に併せて「ミディアムセダンクラス
のFF」と言うクラスの先駆けを日本で広めたエポックメイキングなクルマです。
三菱自動車お得意の「数々の電子制御機能」満載、良く売れたクルマでした。

さて、そのバブルの名車、三菱ディアマンテは年末最終の29日(日)に到着の予定です。
車両の概要はまだ詳細が解りません。何故ならまたもやいつもの「衝動買い」。
今年の最後を飾る車両も「私が乗りたい」と思った車で締めくくらせて頂きます。

先月私が乗ってみたい一心で仕入れた「トヨタ カレン」こちらは私の考えとは裏腹
予想は全て外れ、嬉しい誤算と申しましょうか大人気、お蔭様で売約となりました。
このモデルはもっと冷静に考えてみても「一体誰が欲しいと思って買うの、店長さん
少し頭がやられていませんか」ともう一人の私が心の中で呟く程どんな方が興味
を示して下さるのか皆目見当が付きません。けれど久し振りに見れる事を大いに
楽しみにしております。

私が乗車するのは26年振になります。少しくぐもったV6の特徴と言われるドロドロ
した低い排気音が思い出されます。取り立てて速いとか感じませんでしたが、当時
の記憶では「シフトノブ」が少し大きめで握りやすくインパネのデザインが良かった
事、そしてこれはその後の三菱車に共通する事ですがシートや内装の造りが良く
体格の大きな方が長く乗っても劣化し難い乗り心地の良いシートを思い出します。

こういった車にばかり目が行ってしまう私に「こんなんでいいんですか」とたまに
心の声が聞こえますが、いつも最後には天才バカボンのパパの締めの言葉と
同じく「これでいいのだ」と妙に納得してしまう私です。

お好きな方、お探しの方は予想が付きません。既に名前さえ忘れられているの
ではないでしょうか?しかし万が一お探しの方、思い出した方がおられれば掲載
の折何卒宜しくお願い申し上げます。

ニコニコオート
店長
01/12/26
本日GX100チェイサーアバンテに乗りました。やっぱり昔の雰囲気のクルマが
私の肌に合うようです。セルの音、エンジン音、いやはや懐かしい。。。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ニコニコオート店長ご紹介

オーナー

Author:オーナー
ニコニコオートの店長です。
のどかな自然に囲まれた地域で、夏は直射日光、冬は暴風に見舞われながら日々楽しく中古車販売と海外への輸出を行っております。今年48歳です。お客様皆様に「楽天的」と言われております。こちらもご覧ください。
ニコニコオートのウエブ

在庫車速報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR