FC2ブログ

R32スカイラインGTS25やっと修理完了♪|変わった品揃えの中古車店|大阪府 高槻市 ニコニコオート


 先日のコイル交換→プラグ交換にて完治したかな?と思いきや、
やはり4番シリンダーが爆発しません。。。ああ、どんどん分解を進め
なければならないのか。。と少し頭を撫でながら。。。

20181108ECR32_001.jpg

今回の点検の順番をおさらいすると、
エンジン掛からない+燃料ポンプの音がしない→燃料ポンプ交換、
ひとまずエンジンが掛かるが「ボボボッ」点火ミスが起こる

まず定番の「コイル」をチェック→エンジン掛けながら各シリンダー
のコイルに繋がるカプラーを順番に外し、音が「変わらない」所を突き止める
→4番が「×」

4番のコイルを交換し始動する→変わらない

パワートランジスタを交換する→変わらない

点火プラグを他のシリンダーのものと入れ替える→治った♪
ここでひと安心。新しいプラグを装着するだけ、と思いました。が、

プラグが入荷したので交換する→→治っていない??ありゃりゃ。。

プラグを外してガソリンが付着しているかを見る+燃焼室を覗く、
加えてセルを回して燃料が出ているかを見る→燃料が吹いていない。

エンジンを掛け、インジェクターにドライバーを当てて音を聴く
→4番だけ音がしない

インジェクターにドライバーを当てハンマーでコンコンと叩く
→エンジン回転が通常に戻る

最終的にインジェクターカプラーの接触不良(たぶん錆など)
が原因と思われるので後日カプラーを外して清掃してみます。

現在エンジンは快調に戻り元気よく吹け、アイドル回転も安定しています。

明日は、どれくらい「久し振りなのか」解りませんが、ようやく動かす事が
出来たので久し振りに洗車し綺麗にしてあげ、最新の画像を掲載するつもり
にしております。

そろそろ秋~冬、なるべく気温が高い時期に完治出来るよう願っておりましたが
ようやく治ってひと安心、「冬眠の準備」をさせてあげたいと考えております。

中腰作業が続きましたが、これでようやく解放!よかったよかったです。

現代の車輌であれば統一規格で有る「OBD、オンボードダイアグノースティック」
カプラーにテスターを繋ぎ液晶を読むだけ。。この年代の車輌であれば、ディーラ
で専用テスター「コンサルト」に接続するか、ダイアグ点検でコードを読み取りエラー
事例と比較する、と言う手順も可能ですが今回のように単純にひとつづつ調べる
方法でもたどり着く事は可能です。

昭和の電化製品を治す「叩く」と言う作業を久し振りに行い、なんだか楽しい気分
に浸る事ができた1日です。

ちょうど遊びに来ていて作業を手伝ってくれたM君有難う♪

ニコニコオート
店長
30/11/10
BNR34のコイル、スピリットファイアの価格に少し惹かれたけど。。やっぱり今回は
普通の純正品をチョイス。価格は2倍以上しましたが「安心度」が違う気がします。
問題なかった4個のコイルは「予備」としてトランクに「お守り」です♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニコニコオート店長ご紹介

オーナー

Author:オーナー
ニコニコオートの店長です。
のどかな自然に囲まれた地域で、夏は直射日光、冬は暴風に見舞われながら日々楽しく中古車販売と海外への輸出を行っております。今年48歳です。お客様皆様に「楽天的」と言われております。こちらもご覧ください。
ニコニコオートのウエブ

在庫車速報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR